The Hokkaido Geographical Society


アーカイブ |
  
学術大会のおしらせ : 北海道地理学会秋季大会:巡検のご案内
投稿者 :  投稿日時: 2019-09-11

北海道地理学会秋季大会:巡検のご案内

北海道地理学会秋季学術大会(東北地理学会と共催) 地理巡検の案内
日時:2019年9月15日(日)
巡検テーマ:平成30年北海道胆振東部地震の震源地周辺の現状

<お願い>
露頭に取り付く予定ですので,スニーカー等の運動靴でお越しください。

1 集合時間:8時45分(時間厳守でお願いします)
注)集合場所に到着後、担当者(大会実行委員)へ氏名等を必ず申し出て下さい。

2 出発時間:9時(バスが出発する時間です)

3 バス停車場:札幌駅北口団体バス用のりば(ニセコバス使用予定)

4 集合場所:札幌駅北口(中央)「鐘の広場」
  札幌駅構内案内図:http://sapporoeki.jp/eki/kounai.html

http://sapporoeki.jp/eki/kounai.html
http://sapporoeki.jp/eki/kounai.html


学術大会のおしらせ : 2019年度 北海道地理学会秋季学術大会プログラム
投稿者 :  投稿日時: 2019-09-02

2019年度 北海道地理学会秋季学術大会プログラム

発表プログラムを公開しました。下記サイトからご覧下さい。

 大会プログラム http://tohokugeo.jp/conference/2019aki/2019akiprogram.pdf

 東北地理学会秋季学術大会 http://tohokugeo.jp/conference.html


2019年9月14日(土)〜15日(日)
会場:北海学園大学
共催:東北地理学会


学術大会のおしらせ : 2019年度 北海道地理学会秋季学術大会のお知らせ(東北地理学会と共催)
投稿者 :  投稿日時: 2019-07-06

2019年度 北海道地理学会秋季学術大会のお知らせ(東北地理学会と共催)

<注意!>発表申込,懇親会や巡検への参加申込等は,東北地理学会からの申し込みになります。北海道地理学会では申し込みを受け付けておりませんのでご注意ください。

東北地理学会ホームページ: http://tohokugeo.jp/conference.html

1.期  日  2019年9月14日(土)〜15日(日) 

2.会  場  北海学園大学 豊平キャンパス7号館(〒062-8605 札幌市豊平区旭町4-1-40)
         (札幌市営地下鉄 東豊線「学園前」駅、3番出口直結)

3.日  程  9月14日(土) 9:30 〜 16:40 研究発表
     18:00 〜 20:00 懇 親 会
9月15日(日) 9:00 〜 16:30 巡  検
※ 各事項は予定時間であり,発表申込状況により変更の可能性があります。

4.研究発表
口頭発表者および筆頭発表者は,東北地理学会の会員,もしくは北海道地理学会の会員でなければなりません。同一発表者の口頭発表は,原則1件に限ることとします。発表者は,発表要旨を大会前までに提出する必要があります。作成要領および提出手段は,東北地理学会ホームページをご覧ください。

5.懇 親 会
会  場 北海学園大学生協食堂
会  費 5,000円(学生・院生は2,000円) ※会費は、当日会場でお支払いください

6.巡  検
テ ー マ 「平成30年北海道胆振東部地震の震源地周辺の現状」
コ ー ス JR札幌駅北口 9:00集合 - 札幌市液状化地区 - 厚真町震源地周辺地区 - むかわ町
穂別博物館 - 新千歳空港 – JR札幌駅北口 17:00解散
案 内 者 石丸 聡(北海道総合研究機構地質研究所),山下 克彦(北海道教育大・名誉)
     高橋 伸幸(北海学園大),菊地 達夫(北翔大),金森 正郎(北海道小樽潮陵高)
     仁平 尊明(北海道大)
定 員 40名(申し込み順)
参 加 費 4,000円

7.申込方法
 発表申込,懇親会や巡検への参加申込等は,東北地理学会からの申し込みのみになります。北海道地理学会では申し込みを受け付けておりませんのでご注意ください。

(1) 東北地理学会ホームページからの申込
東北地理学会ホームページにある『学術大会申込フォーム』に必要事項を入力して送信してください。正しく送信された場合は,その旨を自動返信しますので必ずご確認ください。正しく送信できない場合は,下記の?の方法で申し込んでください。

(2)郵送・FAXによる申込
学会ホームページにある申込用紙に必要事項を記入の上,下記宛て送付してください。

研究発表 8月21日(水)必着
懇 親 会 9月 4日(水)必着 ※会場予約の都合上,できる限り事前にお申し込みください。
巡  検 9月 4日(水)必着

宛  先 郵送:〒980-8578 東北大学理学部地理学教室内 東北地理学会事務局
FAX:022-711-0593
E-mail:tgajim<at>gmail.com
 ※<at>を@に変えてから送信してください。
  
8.注  意
プログラムは郵送しません。
8月31日(土)にプログラムを東北地理学会ホームページ上に公開予定です。
当学会では,宿泊施設の斡旋を行っておりません。各自でご予約ください。

Announcement of the 2019 Fall Conference of the Hokkaido Geographical Society
(jointly held with the Tohoku Geographical Association)

<Caution! > Applications for presentation, participation to social gatherings and patrols etc. will be from the Tohoku Geographical Association. Please note that Hokkaido Geography Society does not accept applications.

Tohoku Geographical Association Web Site:
http://tohokugeo.jp/conference.html

1. Date September 14 (Sat)-15 (Sun) 2019

2. Venue Hokkaid Gakuen University, Toyohira Campus Building No. 7 (〒 062-8605 Asahicho, Toyohira-ku, Sapporo City 062-8605)
(Sapporo City Subway Toho Line "Gakuen-mae" station, direct connection to Exit 3)

3. September 14 (Sat)
9:30-16:40 Research Presentation
18:00-20:00 Party

September 15 (Sun)
9:00-16:30 Science Day Trip
※ Each item is scheduled time, and may be changed depending on the status of the presentation application.

4. Research presentation
Oral presenters and lead presenters must be members of the Tohoku Geographical Association or members of the Hokkaido Geographical Society. The oral presentation of the same presenter is limited to one in principle. The presenter must submit the abstract before the competition. Please see the Tohoku Geographical Association website for the preparation procedure and the means of submission.

5. Party
Venue Hokkai Gakuen University Collegiate Cafeteria
Fee 5,000 yen (2,000 yen for students and graduate students)
※ Please pay the fee at the venue on the day

6. Science Day Trip
Theme "The present condition around the epicenter of the Hokkaido Ibiki Tobu Earthquake"

Course:
(1) JR Sapporo Station North Exit 9:00
(2) Sapporo City Liquefaction Area
(3) Atsuma Town around the epicenter area
(4) Mukawa Town Hote Museum
(5) New Chitose Airport
(6) JR Sapporo Station North Exit 17:00 Dissolution

Limit the number of people: 40 (in order of application)
Participation fee: 4,000 yen

7. Application method
Application for presentation, participation for social gathering and tour, etc. will be application from the Tohoku Geographical Association. Please note that Hokkaido Geography Society does not accept applications.

(1) Application from the Tohoku Geographical Association website
Please fill out the "Academic Convention Application Form" on the Tohoku Geographical Association website and send it. If it is sent correctly, we will automatically reply to that effect, so please be sure to check. If you can not send correctly, please apply using the following two methods.

(2) E-mail and fax
Please fill in the application form on the academic website and send it to the address below.
Research presentation: August 21 (Wednesday)
Party: September 4 (Wednesday)
※ Please apply in advance for the convenience of the venue reservation as much as possible.
Science Day Trip: September 4 (Wednesday)

Address: Tohoku Geographical Association Office
〒 980-8578 Department of Geography, Faculty of Science, Tohoku University
FAX: 022-711-0593
E-mail: tgajim<at>gmail.com

8. Note
The program will not be mailed.
The program will be released on the website of Tohoku Geographical Association on August 31 (Saturday).
In our society, we do not arrange accommodation. Please make your own reservation.

English
[/en]東北地理学会


学術大会のおしらせ : 2019年北海道地理学会優秀論文賞
投稿者 :  投稿日時: 2019-07-03

2019年度 北海道地理学会 優秀論文賞

平井松午
幕末箱館における五稜郭および元陣屋の景観復原.地理学論集, 第89巻(2014年), 26-37.

 本論文は、絵図面と地理情報システムを用いて、幕末の箱館における五稜郭と元陣屋の景観を詳細に復元したことが評価される。


佐久間香子
「生」を満たす活動としての狩猟―ボルネオ内陸部における現在の「森の民」に関する一考察― .地理学論集, 第89巻(2014年), 45-55.

 本論文は、マレーシア・サラワク州北部を事例として、伝統的な狩猟に基づいた生業がどのように変化しているかを、現地調査に基づいた貴重な資料により解明したことが評価される。



学術大会のおしらせ : 2019年度北海道地理学会春季大会のお知らせ(第2報)
投稿者 :  投稿日時: 2019-06-12

2019年度 北海道地理学会 春季学術大会のお知らせ(第2報)

期日:2019年6月30日(日)9:00〜17:00
会場:北海学園大学 7号館D31番教室(東豊線学園前駅より直結)


プログラム: 開場 8:30
【一般研究発表】  ※ 発表15分・質疑5分

<9:00 〜12:00>
1. People's cognition of action project and research activity: a case of Imja Glacial Lake Project, Nepal  Weiqi Liu(北大・院)
2. Reviewing studies on recreational trails: A theoretical basis for China’s relevant research
Jian Ke(北大・院)
3. Impact of recreational activities on an unmanaged alpine campsite: The case of Kuro-Dake Campsite, Daisetsuzan National Park, Japan  Ting Wang (北大・院)and Teiji Watanabe(北大)
4. UAV-Derived mapping of spillway lakes in the Everest region, Nepal  Mohan B. Chand(北大・院), Teiji Watanabe(北大) and Yusuke Kobayashi(北大・院)
5. Integrating GIS/RS and Machine Learning techniques to monitor urban expansion  Armstrong Ngolo(北大・院) and Teiji Watanabe(北大)
6. Cultivation and wildlife conservation in Southern Tanzania's Savannah  Atupelye, W. Komba(北大・院) and Teiji Watanabe(北大)
7. 高等学校用地理B教科書における北海道の集落地理に関わる記述−「屯田兵村」と「殖民区画」−   金森正郎(北海道小樽潮陵高校)
8. 「地理総合」必修化時に使用できるGISコンテンツの作成 木村圭司(奈良大)
9. 札幌市立中学校における修学旅行先の選択に関する一考察 初澤敏生(福島大)

--- 昼休み 12:00〜13:00 ---

<13:00〜14:20>
10. 生乳輸送の地理学及び地域科学から見た課題  土井時久(岩手県立大・名誉教授)
11. 北海道胆振東部地震前後における企業立地の動向・変化 菊地達夫(北翔大)
12. アポイ岳周辺の気温特性  高橋伸幸(北海学園大)
13. 北海道大学・人文地理学教室におけるフリー・ソフトウェアの活用事例  仁平尊明(北大)

【フォーラム:高校『地理総合』必修化に向けて−GIS実践を中心として−】14:35 〜 16:35
 本フォーラムでは、高校『地理総合』必修化の背景や内容、現場での現状等について報告を行い、それをもとに意見交換しながら、どのような内容の特色があるのか、どのような準備が必要か、深めます。
(札幌地理サークル,北海道高等学校地理教育研究会,北海道教育地図研究会と共催)

【総会】 16:35 〜 17:00

懇親会:当日,受付にてご案内します.


(1) 2 3 »