The Hokkaido Geographical Society


アーカイブ |
  
学術大会のおしらせ : 北海道地理学会2017年度秋季学術大会 開催
投稿者 :  投稿日時: 2017-09-28

平成29年度北海道地理学会秋季大会のお知らせ

エクスカーション: 江別における地形(防災)、地域産業の地域的特色を知る

期日: 2017年11月5日(日)

集合: 9時(8時55分までに集合願います) JR札幌駅北口前(移動は貸切バス)

解散: 16時(道路事情等により前後する場合があります) JR札幌駅北口前

案内:横山光(北翔大学教育文化部准教授/理科教育・地学)、菊地達夫(同短期大学部教授)

 今回の巡検では,「江別市内」を中心に,市内の地形の様子(防災)、産業の様子についてめぐります。

 江別は、石狩川、千歳川をはじめ、河川(一部水路)などが合流・分布し、明治期以降、たびたび集中豪雨(台風)の発生により洪水の被害に見舞われた地域です。加え、市内西部は、野幌丘陵地に位置し、いくつかの活断層地形も確認できます。

 江別は、その河川を利用した河川交通により、物流拠点として市街地を形成しました。倉庫群の一部が(江別駅付近)その名残を伝えています。その倉庫群の建材には、レンガを使用しているものがあります。江別のレンガ製造は、明治24年から始まり、地域の良質な粘土を利用し、最盛期(昭和25年)には、野幌駅を中心に15ヶ所の工場が立地・稼働しました。また近年では、収量の少ない幻の小麦として「ハルユタカ」の生産が脚光を浴びています。

 今回の巡検では、自然地理的事象と人文地理的事象の関係性についても注目していきます。

コース(予定):
JR札幌駅北口前・出発(9:00) → 雁来大橋(野幌丘陵遠望) → 江別西IC付近の活断層地形 → 畠山煉瓦採粘土場 → 米澤煉瓦工場 → 文京台地区の活断層地形 → EBRI(旧煉瓦工場/昼食場所)→ 野幌地区の地形歩き(沢地形探し)→ 東野幌の地形(活断層・洪水)→ 上江別地区の排水機場 → 江別河川防災ステーション → 美原地区(小麦畑) → 江別製粉(工場見学)→ JR札幌駅北口前・解散(16:00)

※見学先、訪問順は、都合(雨天・悪天を含む)により変更となる場合があります。

北海道地理学会HP  http://www.hokkaidogeog.org/
札幌地理サークルblog http://geogra100.exblog.jp/

共 催:札幌地理サークル,北海道教育地図研究会

参加費:一般会員3,000円,学生会員・学部生等2,000円(バス代,資料代を含む)
エブリ館内レストラン利用の場合、昼食代(1,500円程度)は別途。当日集めます。

参加定員:40名(定員になり次第締め切ります。)

参加申込:E-mailで,氏名・住所・連絡先・メールアドレスを記入の上、10月27日(金)17時までに

申込方法:原則、電子メールでお申し込みください。件名は「地理巡検申込」と明記の事。

申込先:菊地達夫(北翔大学)E-mail:chiri*hokusho-u.ac.jp
(*を@に変えて送信して下さい)
 研究室直通(含FAX)011−387−3957


学術大会のおしらせ : 2017年北海道地理学会優秀論文賞
投稿者 :  投稿日時: 2017-06-26

このたび北海道地理学会では論文賞を設けることになりました. 候補者は受賞決定の段階で1年以上学会に所属している,現役の会員です.

<2017年北海道地理学会優秀論文賞>

  • 澤柿 教伸

    対象論文:2011年・第86巻:澤柿 教伸・ダモダール ラムサール「デジタル三次元空間における実体視地形解析へのステレオスコピック技術の応用」
     本論文は,地形という地理空間情報に関する新しい解析手法の提案を行い,衛星画像と空中写真を合わせて過去40年にわたる多時期ステレオ画像を取得可能にしたものである。ステレオ写真判読という,地形学が伝統的に行ってきた解析手法に対しても要求水準を上げ,ITの積極的活用を促進する可能性を秘めた論文として評価したい。



  • 水木 千春

    対象論文:2011年・第86巻:水木 千春・平川 一臣「2011年3月11日東日本大震災発生時における北海道日高・十勝沿岸域住民の津波に対する意識と避難行動」
     東日本大震災直後の貴重な資料をあつかった論文である。独自性の高い資料を用いた防災研究として評価したい。


事務局からのおしらせ : 雑誌の掲載料とページの追加料金に関するお願い
投稿者 :  投稿日時: 2014-06-30

雑誌の掲載料とページの追加料金に関するお願い

 上記の年会費値上げだけでは電子ジャーナルの値上がり分をすべて補填することが難しいと予想されます。そのため、89巻より出版費用の一部負担を著者にもお願いすることにしました。具体的には以下の2点になります。
(1)出版された原稿の掲載料として1ページあたり500円を著者が負担する。
(2)規定された原稿の長さ(図表を含めた刷上がりページ数)を超えた場合、超えた分の実費を著者が負担する。原稿の長さは原稿の種別に関わらず10ページ以内とする。
 出版料は88巻まで規定されていませんでした。また規定された原稿の長さは、論文・研究ノート・総説・資料が15ページ以内、フォーラムが10頁以内でした。追加料金がかかるページ数を引き下げたのは、紙面の拡大(B5からA4)に伴うページあたり字数の増加を考慮した措置でもあります。なお電子ジャーナルの実費は、消費税の増額により、90巻では1ページあたり1,650円になる見込みです。昨今の電子ジャーナルの出版事情をお汲み取りくださり、上記の改定をご了承くださるようお願い申し上げます。


事務局からのおしらせ : 会費に関するお願い
投稿者 :  投稿日時: 2014-06-30

会費に関するお願い

 2014年度より一般会員の年会費を2,000円から3,000円に値上げいたします。当学会では、雑誌の電子ジャーナル化に伴い、2012年度より年会費を3,500円から2,000円に引き下げたところです。しかし、電子ジャーナルの出版費用は、87巻では1ページあたり1,050円でしたが、業者の都合により88巻では1,620円(想定していた額の1.5倍以上)になりました。その結果、現在の会費のままでは雑誌発行において著しい支障が生じるため、雑誌の継続が危ぶまれることになります。年会費の値上げ分は、すべて電子ジャーナルの値上げ分の補填に使われます。会費値下げを断行してまもない時期であり、誠に恐縮ではありますが、このような会計事情をお汲み取りくださり、今回の会費の改定をご了承くださるようお願い申し上げます。なお、学生会員の年会費は1,000円のまま据え置きとなります。


事務局からのおしらせ : 「地理学論集」のプリントアウト販売について
投稿者 :  投稿日時: 2013-09-21

ネットをご使用になれない会員の方に,「地理学論集」87巻(1号と2号をまとめたもの)をA4版の紙にカラー印刷したものを販売いたします。

販売するのは,インクジェットカラープリンタを使い,公開されている87巻1号と2号のPDFを白色普通紙に高精度モードで両面印刷してから,表紙を付け,透明な簡易バインダーで挟んだものです。

今回の販売価格は,郵送費を含み800円です。

下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
(1)会費振込用紙の通信欄に「会誌送付希望」とご記入の上,「請求会費+800円」を振り込んで下さい。
(2)e-mailあるいは電話で事務局まで直接ご連絡下さい。


(1) 2 »