The Hokkaido Geographical Society


アーカイブ |
学術大会のおしらせ
学術大会のおしらせ : 北海道地理学会 2020年度春季大会(総会)のお知らせ(速報2)
投稿者 :  投稿日時: 2020-02-13

北海道地理学会 2020年度春季大会(総会)のお知らせ(速報2)

-----
1 日時 2020年6月27日(土),28日(日)

27日 午前:一般発表会および総会(予定9:00~13:00)
<以下,人文地理学会と共催>
27日 午後:講演会「北海道で地域性を考える」(14:00〜17:00)
27日 夜:懇親会(18:30〜20:30) サッポロビール園
28日:エクスカーション「北海道の観光開発と災害」

-----
2 会場

北海道立道民活動センターかでる2・7 710室(7階)
 札幌市中央区北2条西7丁目 Tel 011-204-5100
 JR札幌駅南口より徒歩13分
 地下鉄さっぽろ駅(10番出口)より徒歩9分
 http://homepage.kaderu27.or.jp/

-----
3 一般発表および総会 6月27日(土) 9:00~13:00(予定)
 ※ 発表申し込みは5月に行います。
 ※ 一般発表に続き,総会を行います。

-----
4 講 演 会:6月27日(土)14:00〜17:00
(人文地理学会(第292回特別例会)との合同開催)

テ ー マ:北海道で地域性を考える

基調講演:
 山下克彦(北海道地理学会会長):戦後の北海道地誌書からみた地域特性の変化

講演:
 仁平尊明(北海道大学):グローバル化する日本において地誌を執筆するための方法論的考察
   ―『日本の地誌』の北海道を例として―
 栗林 賢(北海道教育大学):北海道における食品ロスをめぐるフードバンク団体の展開とその特性

-----
5 懇親会:6月27日(土)18:30〜20:30

会場:サッポロビール園
 札幌市東区北7条東9丁目2-10
 https://www.sapporo-bier-garten.jp/
 会費:正会員5,500円 学生会員4,500円

-----
6 エクスカーション:6月28日(日)
(人文地理学会(第292回特別例会)との合同開催)

テーマ:北海道の観光開発と災害

集合場所・時間:JR札幌駅北側通路「鐘の広場」 午前8時45分集合

コ ー ス:札幌駅→札樽自動車道 札幌北IC→(高速道路)→後志自動車道 余市IC→ニセコエリア・ヒラフ地区(スキーリゾート開発と土砂災害危険地域)→洞爺湖(昼食予定)→洞爺湖温泉街→有珠山西山山麓火口散策路(洞爺湖有珠山ジオパーク・温泉街の発展と防災・有珠山噴火の災害遺構)→道央自動車道 虻田洞爺湖IC→(高速道路)→道央自動車道新千歳空港IC→新千歳空港(午後4時30分到着予定)→道央自動車道千歳IC→(高速道路)→札樽自動車道 札幌北IC→札幌駅(午後6時00分到着予定)

※貸切バスで移動します。
※有珠山西山山麓火口散策路では,歩きながらの説明になりますので,動きやすい服装でご参加下さい。
※札幌駅の到着時間は,車の混み具合により前後します。
※天候などによりコースを変更する場合があります。
※帰りに新千歳空港をご利用の方は,時間の余裕をもって飛行機をご予約下さい。

案内者:橋本雄一(北海道大学)・仁平尊明(北海道大学)・林 琢也(北海道大学)ほか
定員:40名
参加費:3,000円(昼食代,資料代等含む)

-----
7 申込方法
 ※ 4月13日(月)から申し込みを受け付けます。

 ----------------------------------------------
  申し込みフォーム(4月13日に受付開始)
  https://forms.gle/rGuTUHZwj8E637Ux8
 ----------------------------------------------

特別例会(講演会・懇親会・エクスカーション)に参加される方は,上記の申し込みフォームから5月28日(木)までにお申し込み下さい。
なお,エクスカーションは,定員になり次第,募集を締め切らせていただきます。

※申し込みフォームをお使いになれない場合には,4月13日(月)以降に下記の問合せ先までご連絡下さい。

-----
8 問合せ先

北海道大学大学院文学研究院 橋本 雄一
〒060-0810 北海道札幌市北区北10条西7丁目
you<at>let.hokudai.ac.jp
※ <at>を@に変えて送信してください。
※ メールの件名に「北海道地理学会」とご記入下さい)