The Hokkaido Geographical Society


アーカイブ |
  
事務局からのおしらせ : 雑誌の掲載料とページの追加料金に関するお願い
投稿者 :  投稿日時: 2014-06-30

雑誌の掲載料とページの追加料金に関するお願い

 上記の年会費値上げだけでは電子ジャーナルの値上がり分をすべて補填することが難しいと予想されます。そのため、89巻より出版費用の一部負担を著者にもお願いすることにしました。具体的には以下の2点になります。
(1)出版された原稿の掲載料として1ページあたり500円を著者が負担する。
(2)規定された原稿の長さ(図表を含めた刷上がりページ数)を超えた場合、超えた分の実費を著者が負担する。原稿の長さは原稿の種別に関わらず10ページ以内とする。
 出版料は88巻まで規定されていませんでした。また規定された原稿の長さは、論文・研究ノート・総説・資料が15ページ以内、フォーラムが10頁以内でした。追加料金がかかるページ数を引き下げたのは、紙面の拡大(B5からA4)に伴うページあたり字数の増加を考慮した措置でもあります。なお電子ジャーナルの実費は、消費税の増額により、90巻では1ページあたり1,650円になる見込みです。昨今の電子ジャーナルの出版事情をお汲み取りくださり、上記の改定をご了承くださるようお願い申し上げます。


事務局からのおしらせ : 会費に関するお願い
投稿者 :  投稿日時: 2014-06-30

会費に関するお願い

 2014年度より一般会員の年会費を2,000円から3,000円に値上げいたします。当学会では、雑誌の電子ジャーナル化に伴い、2012年度より年会費を3,500円から2,000円に引き下げたところです。しかし、電子ジャーナルの出版費用は、87巻では1ページあたり1,050円でしたが、業者の都合により88巻では1,620円(想定していた額の1.5倍以上)になりました。その結果、現在の会費のままでは雑誌発行において著しい支障が生じるため、雑誌の継続が危ぶまれることになります。年会費の値上げ分は、すべて電子ジャーナルの値上げ分の補填に使われます。会費値下げを断行してまもない時期であり、誠に恐縮ではありますが、このような会計事情をお汲み取りくださり、今回の会費の改定をご了承くださるようお願い申し上げます。なお、学生会員の年会費は1,000円のまま据え置きとなります。


事務局からのおしらせ : 「地理学論集」のプリントアウト販売について
投稿者 :  投稿日時: 2013-09-21

ネットをご使用になれない会員の方に,「地理学論集」87巻(1号と2号をまとめたもの)をA4版の紙にカラー印刷したものを販売いたします。

販売するのは,インクジェットカラープリンタを使い,公開されている87巻1号と2号のPDFを白色普通紙に高精度モードで両面印刷してから,表紙を付け,透明な簡易バインダーで挟んだものです。

今回の販売価格は,郵送費を含み800円です。

下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
(1)会費振込用紙の通信欄に「会誌送付希望」とご記入の上,「請求会費+800円」を振り込んで下さい。
(2)e-mailあるいは電話で事務局まで直接ご連絡下さい。


事務局からのおしらせ : 論文の著作権委譲に関するお願い
投稿者 :  投稿日時: 2011-11-22

地理学論集(北海道地理、北海道地理学会会報)」
全巻全号電子アーカイブ化に伴う著作権委譲に関する告知(お願い)

北海道地理学会(以下「本会」という)は、1950年の創刊以来、学会誌「地理学論集(旧雑誌名は北海道地理と北海道地理学会会報」(以下「本誌」という)を刊行して参りました。61年の長きに渡り本誌を刊行できましたことは、ひとえに会員各位のご支援、ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

此の度、本会は科学技術振興機構の電子アーカイブ対象選定委員会によって、本会の本誌が創刊号以降の全巻全号を電子化してアーカイブされる対象誌として選定されました。

この電子アーカイブとは、誌面を電子データ化し、同機構インターネットウェブサイト上で公開することをいいます。これにあたっては、電子化された論文はすべてが同機構のサーバに保存されるため、著作権が本会に帰属していることが条件となります。

 本誌の電子アーカイブ化にあたっては、著作権法により、掲載された論文などの著者からその著作権(複製権、公衆送信権を含む)の許諾又は譲渡を必要とします。この事情から本電子アーカイブ化を進めるにあたり、創刊号以来の著作についても著作権は本会に帰属して戴く事と致したく、本来であれば会員ならびに著者の皆様に対して「著作権の許諾手続き」を行うベきではございますが、当該公告を以って著作権の譲渡をお願い申し上げる次第です。

 万一、この件に関しましてご了承戴けない場合、あるいはご不審の点がある場合は、2012年3月31日までに本会事務局に文書または電子メールでお申し出下さい。本会は、このお知らせが著者の皆様の目に触れることを前提としておりますが、何らかの事情でこの件をお知りになる機会がなかった場合には、期限を過ぎましても、あらためて個別にご相談させていただく所存です。なお、お申し出のない場合には、ご了承戴けたものとし、電子アーカイブとして公開する時期が参りました段階で、論文を掲載させて戴きたいと存じますが、公開後の会員ならびに著者の皆様からの記事取り下げ要求に際しても柔軟に対応させて戴きます。

又、前述のとおり、創刊号以降の全巻全号を電子アーカイブ化にあたって本会に全ての冊子が所蔵されていないと確認された場合には、改めて会員ならびに著者各位に対して該当冊子の寄贈をお願いする場合がございますので、その際には何卒、会員および著者各位のご理解とご協力をお願い申し上げます。

この件に関する連絡先:
〒060 − 0810 札幌市北区北10条西7丁目
北海道大学大学院文学研究科 橋本雄一研究室内 北海道地理学会 事務局
eメール:office*hokkaidogeog.org (*を@に変えて送信してください)