The Hokkaido Geographical Society


トップ  >  北海道地理学会2017年度春季学術大会 開催
2017年度 北海道地理学会 春季学術大会

1. 期日:2017年6月25日(日)9:30〜17:00

2. 会場:北海学園大学 7号館D40番教室(東豊線学園前駅より直結)

3.プログラム: 開場 9:15

【一般研究発表】  ※ 発表15分・質疑5分

<午前の部 9:30 〜12:10>

1)木村圭司(奈良大・文):夏季における中央アジアの低気圧移動と降水メカニズム

2)孫玉潔(北大・院), 白坂蕃(東京学芸大・名誉教授), 韓志昊(立教大), 渡辺悌二(北大):Tourism Impacts on Social and Land Use/Land Cover Change at Sagarmatha (Mt. Everest) National Park in Nepal

3)張暁露,孫丹妮,小林勇介(北大・院),渡辺悌二(北大):大雪山国立公園におけるジオパーク認定のポテンシャル評価と関係団体の意識に関する研究

4)上野莉紗(三笠ジオパーク推進協議会):三笠市における地域学習の可視化と共有を目指した取り組み

5)谷川尚哉(中央学院大):最近の捕鯨事情

6)初澤敏生(福島大),高木亨(熊本学園大):津軽海峡産マグロのブランド化に関する一考察−大間漁協と戸井漁協の比較から−

7)森 康平,福永 和輝,宮下 祐治,村田 勇介(上越教育大・院):災害を想定した歴史的景観の保存・再建意識‐新潟県上越市高田地区の雁木を事例として‐

8)小松原 尚(奈良県立大):地域志向教育と地理学

<午後の部 13:10〜14:50>

9)菊地達夫(北翔大・短期大学部):「総合的な学習の時間」におけるまちづくり学習の単元開発―地理学習との接続の視点から−

10)金森正郎(小樽潮陵高校):屯田兵村の集落形態再論

11)山下克彦(北海道教育大・名誉教授)北海道における工場払下げ期以降の業種とその分布について

12)武田 泉(北海道教育大):JR北海道維持困難路線の発表と道内交通網の将来の方向性

13)内藤健裕(北大・院):建物用途からみた名古屋市の都市内部構造とその変化

【講演会】(札幌地理サークルと共催)  15:00 〜 16:00

高橋伸幸(北海学園大):ボリビア紀行

【総会】   16:00 〜 17:00

4.懇親会: